キズ?気になる?

ハーバーランド時代の木づかい王国学校

 

ハーバーランド時代の木づかい王国学校は兵庫県産木材に囲まれた空間でした。

木に囲まれた空間では伸び伸びと遊びに来る子ども達や親と一緒に楽しむイベントやワークショップが大人気でした。

 

木づかい王国学校は靴を脱いで入ります。何も塗っていない無塗装の無垢の杉フローリングは気持ちが良くて、次々と靴下をぬぎはじめるお子様達でした。

 

ハーバーランドで営業をしていた木づかい王国学校は兵庫県産木材、杉やヒノキの心地よさを体感していただける場所でした。

 

 

杉フローリング

 

昨年末に移転となり、最終日には大人気だったヒノキのボールプールも空っぽになりました。

Before

After

?????

ちょっと床をみてください。マットを敷いていたところと敷いていなかったところで色が全然違います。

色が濃い部分

3年間年間2万人の方にお越しいただき、思いっきり遊び、柔らかい杉のフローリングには細かいキズもいっぱいあって、そしてなじみ色が濃くなった部分。

 

色が薄い部分

マットを敷いていた部分は皆様にふれることなく建てた時のまま過ごしてきた部分。

 

 

アップにするとこんな感じです。

 

杉の赤身の部分と白身の部分がはっきりわかる部分(マットを敷いていた部分)と艶(つや)がでて落ち着き感を醸し出す部分の違い・・・3年という歳月を感じますね。

 

おもちゃ引きづりながら遊んでいたのでよく見るとキズがあります。

 

 

のびのーーーび育つ

 

ハーバーランド時代によく聞かれたことは、「無垢のフローリングはお手入れが大変そう」でした。お手入れ、お掃除を全くしない家なんてありませんね。何が大変かどうかは人次第で、無垢のお手入れの仕方をお伝えすると、大概は「えっ?そんなんでいいの?」という返答でした。

お手入れ法は長くなるので割愛しますが、傷をつけようが、汚れようがのびのーび子どもが育ち、傷をつけてしまったら、「木が痛いってなってごめんね。」ってやさしさに触れることもあり、また、ここでこうやったら治るよって伝えたら、めいっぱいの愛情に包まれます。

 

「自分ちが住んでいるところと同じ木だよ」って伝え、それを知ると、家から森を考えるって何も遠い遠いお話しのようではないですね( *´艸`)

 

 

人も自然の一部だよって。家が教えてくれる。そのうえ伸び伸び暮らせますね。

(木材使用すると子どものストレスが減るとかいうデーターもでています)

 

家を建てる時って森の循環とつながっています。

 

木づかい王国学校で家づくり相談を設けているのは、後悔しない家づくりはもちろんのこと、循環型社会の一人に自ずとなって社会が潤うことに貢献することにもなるという事実があるからです。

 

でもね・・・何より、ハーバーランド時代の木に囲まれた空間で、子どもたちがいつも伸び伸び過ごしていたことが忘れられないです。訪れる人が木の香りがして気持ちいいってやさしい顔になることも。印象深く残っています。

 

 

——————————————————————————————————–

家づくり相談、里山住宅博内モデルハウスご案内は無料です。

無料メール相談も開設中。

メール、LINEお好きな方法で気軽に相談メッセージ送信してくださいね。

メールでの相談はコチラ

LINEから気軽に無料相談できます。コチラ

Facebookページではひょうご木づかい王国学校の最新の記事を投稿しています。ぜひフォローしてください♪

Instagram,ツイッターもフォローよろしくお願いいたします♪