やはり「どこの会社がいいのかわからない」で止まっている方が多いです

20日(土)の農林漁業祭に、住宅相談コーナーとして出店させていただきました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました(*^^*)

 

イベントなので、気軽にお話いただける方が多くて、エンドユーザーさまの気持ちを伺うことが出来ました。

特に

「どこの会社に依頼するかを迷い中」で何か月も経っている方がたくさんいらっしゃり、

建築業界のイメージの悪さ、健在! なんですよねー(-“-)

どうイメージが悪いかというと、手抜き工事、金額が適当、いい加減、いい加減、いい加減・・・( ;∀;)

 

この業界にいる私の感想としては、だいぶん、いや、

かなり、マシになっている、

と感じています。

 

多くの会社で世代交代が進み、拝金主義ではなく、お客様のために仕事をする、という

当たり前のことを実行する経営者が増えてきています。

それと同時に、ネットへの書き込みや口コミの影響もあり、いい加減な仕事はしにくくなっている時代です。

 

いい加減すぎた時代があったのは事実で、

悲しいけれど

今もその名残で、不信感多大な業界になっています

 

最近のトラブルの傾向としては

手抜き工事をしよう! としてするのではなく、知識も経験も少ない職人が工事を頑張ってしたけれど適当になってしまった。。。とか

見積書を出したつもり、追加費用を伝えたつもり、がお客様に伝わっていないというコミュニケーション不足がもたらすトラブル

という、新種トラブルに変わってきている気がします。

 

いずれにせよ、お客様にご迷惑をおかけすることには変わりなく

お客様が業者を選べず時間がたってしまう、という心情も理解できました。

 

それならば、そういうときこそ

私たち、ひょうご木づかい王国学校の家づくり相談にお任せください!

 

広告費をじゃんじゃか使う団体ではなく、もともと兵庫県の事業としてできた団体ですので

広告で見たことはほとんどないと思いますが、営業もせず、中立な立場での提案をしますので、

安心してご相談いただけます。

 

ほんと、農林漁業祭で率直なご意見がお伺いできてよかったです。

家づくりは急ぐものでも、急かされるものでもありませんが、どこかでアクセルを踏まないと踏み出せなかったりもしますので、

アクセルを間違った方向に踏む前に、ぜひ、ご相談ください

お待ちしておりまーす