「屋久島共同宣言」に調印いたしました。

先日、ひょうご木づかい王国学校は 屋久島共同宣言に調印いたしました。

 

「屋久島共同宣言」とは、

健全な林業運営と未来を見据えた活動を行っていくことを誓い、

屋久島の森に関わる人たちと交わした共同宣言です。

 

屋久島では、

林業から生産まで一貫して島内で行うことにより山への還元が可能になり

エネルギー問題や自然災害から生活を守るということが成り立つ仕組みを完成させ

豊かな地域資源を活かした産業活動を展開し、自然と共に生きる循環型社会を築いていきます。

 

 

メインの商品は「ヤクイタ」と呼ばれる床材です。

この「ヤクイタ」は、素晴らしい効果があるのです。

「杉の香りには抗菌・防カビ作用・鎮痛作用・喘息などの原因となる室内塵ダニの繁殖を抑えるなどの働きがありますが、地杉の香りはさらに、寝つきを良くし、睡眠効率を上げるセドロールや室内塵ダニの抑制に効果のあるクリプトメリオン・α‐βオイデスモールなどの有効成分を他の地域の杉よりも多く含んでいます。

地杉の香りは快適な室内環境を創るのに役立つのです」 (パンフレットより抜粋)

防虫成分の含有量は一般の杉(内地材)に比べて約20倍あります。

 

こちらの「ヤクイタ」を取り扱うことができるのは

屋久島共同宣言に調印した人のみで、

ひょうご木づかい王国学校は取り扱いをさせていただけます!

 

ひょうご木づかい王国学校は屋久島の森林への取り組み、林業の在り方から学ばせていただきながら

兵庫県の森林環境を守り、将来の子供たちへ元気な森・豊かな環境を残せるように

具体的な取組を考えていきたいと思っております。

 

皆様、家を建てる際、リフォームをする際に、地元の木を使うことにより

家族の健康にもつながるし、地球環境への貢献もしていただけます。

毎日暮らす家、毎日体に空気を取り入れる家、家のことを考え始めたら

土地で選ぶ、とか、価格で選ぶことも大事だけれど、

家に使われている「木」について、少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。